元英国在住アート・セラピストが造る癒しの庭 元英国在住アートセラピストが大好きな薔薇や草花&英国の素敵なガーデンを思い出と共にご紹介。

英国の思い出が詰まったガーデン…シシングハースト・キャッスルと言う名の薔薇を我が家に迎えて。。。


おはようございます。
今朝は爽やかな晴天☀︎気持ち良い朝を迎えています。

さて、帰国してから植えて、春に開花し、ずーっとアップしたかった大切な薔薇が有ります。
シシングハースト・キャッスルと言う名の薔薇です。
e0346002_09584778.jpg



英国ガーデンのお好きな方は勿論ピンと来ますよね(^^) 一度は目にしたい、又は育ててみたい薔薇では無いでしょうか?

在英時に通っていた、英国一とも言われる世界でも人気のガーデン、シシングハースト・キャッスル・ガーデンの名前が付いた薔薇です。

以前blogでもアップしているシシングハースト・キャッスル・ガーデン。

こちらはスマホに残ってた画像です。
e0346002_09584767.jpg


この薔薇は、なんと〜その昔、このガーデン内にて発見されたと言うロマン有るガリカ系オールドローズです。
e0346002_09584761.jpg



シシングハーストを訪れると沢山咲いているゾーンが有ったり、ショップでも苗が売られています。

暑い太陽の下では、いつもグニャって感じで、私としてはイマイチ?に思える花形やお色でしたが、最後に訪れた時、ショップで見たシシングハーストさんは、本当に美しかったです。

ビロードの花弁は濃ピンクに紫色の斑入りで、珍しい色合いでした。
これならば育ててみたいな。。。と。

どちらにせよ、私達夫婦にとっては英国での思い出深いオールド・ローズなので、帰国して直ぐに注文し何とか手に入れる事が出来ました。

初めは全くうんともすんとも動きの無い薔薇でしたが、少し周りより遅く無事開花。
花は小さく花形もガリカだなぁ…って位で、美しいって思える程の薔薇では有りませんでしたが、咲き進むにつれ良い花が咲いて来ました。

勿論、一季咲き。
ほんのり濃い紫色の斑入りになってます(^^)
e0346002_09584833.jpg


後半に又違った雰囲気で、フリフリのフリルの花弁を、いっぱい付けてゴージャスに咲いてくれました。
e0346002_09584899.jpg


e0346002_09584847.jpg


所々に紫色、そして白い花弁が入ってます(^^)
e0346002_09584970.jpg


最後の方はポンポンのダリア咲き(笑)
e0346002_09584934.jpg



シーズン中は少しずつ違う花形では有りましたが思い出と共に、私達を楽しませてくれました。
e0346002_09584992.jpg


我が家の英国記念樹?的薔薇と成る事でしょう(^^)

シシングハースト・キャッスル。。。沢山の思い出と愛情と願いを込めて、これからも大切に育てて行きたいと思います。
いつの日か又夫婦で…あの地を訪れる事が出来ます様に。。。

今日もご訪問有難うございます。
ランキングに参加しています。励みに成りますので、どちらかをクリックお願い致します♥















Commented by mariakulala at 2017-07-08 13:40
このバラ、花が 2つ3つ くっついて いるようです。
すごい 豪華ですね、、。
ゴージャスです。ローズさんのおかげで いろんな花が見れて
とても 嬉しいです♡
Commented by mottisfont-roses at 2017-07-09 23:10
クララちゃん、こんばんは〜^_^
わぁ、本当だぁ、二つ三つくっ付いてる感じしますね〜フリフリのフリルがドレスみたいですよね。
有難うございます。私も知らないお花や栽培の仕方、いつもクララちゃんより情報得ています。感謝感謝❤︎
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by mottisfont-roses | 2017-07-08 09:06 | Comments(2)