人気ブログランキング |

薔薇好き花好き庭が好き〜元英国在住・アートセラピストが造る癒しの庭 元英国在住のアートセラピストが大好きな薔薇や草花&英国の素敵なガーデンを思い出と共にご紹介。

イングリッシュ・ブルーベル遂に開花〜イギリスでの思い出・紫色の絨毯に恋い焦がれて。。。


こんにちは。
今日は久々に家族全員が揃い、お庭でバーベQパーティと成りました。

パパと息子達は買い出しに出発〜☀︎

そして、ロックガーデンの頂上では、遂にイングリッシュ・ブルーベルが開花致しました!
今年はイギリスも暖かく早い開花の様でしたが、いつも時期的にも丁度今頃かな?

朝からパパと、果たして本物に近い物か超偽物か?をじっくり検証?(笑)
ってのも、以前何度も書いてるかと思いますが、イングリッシュ・ブルーベルはイギリスの古い森にしか自生しておらず、掘り起こし売買する事は法律で禁じられています。

イングリッシュ・ブルーベルの自生地は70パーセントがイギリスで、他にもヨーロッパの国々にはある様ですが、、しかし、これらの球根は、本当は怪しいって言うか偽物の可能性大?(^^;;

しかし、やはり、毎年見に行ってた紫色の絨毯が忘れられず、、、
例え、偽物でも良いから植えようって事で、
昨年2種類の「イングリッシュ・ブルーベル」として売られている球根を植えました。

一応、我が家のお庭ではブルーベルの森に一番近い環境?(笑)のロックガーデンの頂上に。。。
e0346002_12051385.jpg



一つはイギリスで売っていた物。
もう一つは、日本の業者さんがイギリスから輸入した物。

ところが、札を付け忘れ何処にどちらを植えたか、いつの間にか分からなく成ってしまいました(^^;;

一応、芽が出て来てからの様子もじっくり観察してましたが、紫色の茎や蕾は中々良い感じでした。
e0346002_12051420.jpg


一番の本物のイングリッシュ・ブルーベルの特徴は、うな垂れた感じに、うつむき加減に咲くこと。
そして、ベルが細長〜く先っぽだけがクルリンって開いてます。。。咲き方も派手じゃ無く、うな垂れた方向にベルが可愛くぶら下がる感じで。。。
茎の周りには咲かない、、、

そして、偽物→スパニッシュブルーベル等やハイブリッド、、より色が濃いし、茎も先の方はほんのり紫色がかった感じ。。。

って事で、、我が家のブルーベルさんは、思ってた以上に本物に近いです^ - ^
e0346002_12051479.jpg


欲を言えば、もっとうな垂れて欲しいかも知れない(笑)まぁ、もっと咲けばうな垂れるかも。
e0346002_12051457.jpg



こちらのは、ちょっと偽物っぽいような。。。
でも、ベルは細長いです。
e0346002_12051511.jpg



そして、本物はこちら。。。
一昨年の画像が丁度スマホに残ってました。
分かり難いのですが、、

うんうん、やっぱり、うな垂れています^ - ^
e0346002_12051513.jpg


e0346002_17224846.jpg



しかし、まぁまぁ中々近くないですか?
e0346002_12051663.jpg


e0346002_12051606.jpg



茎の先っぽも、少し紫色がかってるし。。。
e0346002_12051755.jpg


とりあえず、これで満足致しましょう^ - ^
満開になるのが楽しみです。

では、最後に本物のイングリッシュ・ブルーベルの紫色の絨毯を。。。
e0346002_12051731.jpg


e0346002_12070744.jpg


e0346002_17152347.jpg



あー、、いつか再び、この妖精の住む森を訪れる事が出来ますように。。。

今日もご訪問有難うございます。
ランキングに参加しています。励みに成りますので、どちらかをクリックお願い致します♥

















by mottisfont-roses | 2017-05-05 11:29